賃貸不動産で、物件を探す時に、あなたは何に重点をおいて選んでいますか?
多くの人は、学校・職場までのアクセス、間取りや家賃と答えるでしょう。
ですがやはり物件を選ぶ上で、重要な事は住みやすさだと思いませんか?

住みやすいかどうかは、実際にその部屋に住んでみないと分からない。
そう思っているかもしれませんが、事前に建物の構造について知識があれば、住みやすさもある程度推測する事が出来ます。

では建物の構造について紹介します。
物件選びの際に、構造欄で木造や鉄筋という言葉をみた事がある人は多いでしょう。
実はこの構造とは、建築する際の、材料や材質を現しています。

そして種類は、RC造、SRC造、S造、木造の4種類あります。
では簡単にそれぞれの構造の特徴を紹介します。

まずRC造とは、鉄筋コンクリートで作られた建物という意味です。
鉄筋とコンクリートは、それぞれの弱点を補う事が出来ます。
そのため構造上、頑丈な作りになっているため、耐震性はもちろん、防火性や防音性も高くなっています。

ただし、鉄筋とコンクリートの材質が重たいため、高層マンションでは使用する事が出来ません。
なので、中低層のマンションだと、RC造の物件があります。
ですがコンクリートを流し込むという工程が増える分、建築コストが高くなり、家賃が割高になる傾向があります。

住み心地という点では、安全性も高く、防音性により生活音が聞こえにくいため、住み心地はいいと言えます。
特に小さな子供がいる家庭にはおすすめです。

SRC造とは、鉄骨鉄筋コンクリートで作られた建築物で、RC造と構造自体は非常によく似ています。
違いは鉄骨を支柱にしている事です。そのためRC造よりも軽く、高層マンションの建築物にも使用出来ます。

防火性は高く、防音性と耐震性はRC造よりは若干劣りますが、まあまあ高いと言えます。
実は、建築コストに関しては、SRC造が最もかかってしまい、そのコストが家賃に反映されるため、SRC造は、1番家賃相場が高い傾向にあります。

S造は、鉄骨で作られた建築物です。
コンクリートは使用しないため、軽量化する事が出来、超高層マンションにも使用可能です。
防火性や耐震性はありますが、防音性はないので、生活音などが気になる人には不向きだと言えます。ただ耐震性はありますが、揺れを最も感じやすいのはS造なので、超高層に住んでいると地震があった時に怖い思いをするかもしれません。

木造は、言葉通り木造で作られた建築物です。
一戸建てや3階までの低層マンションやアパートは、木造建築の物件が多くなっています。
木材が豊富な日本では、木造建築の歴史は古くスタンダードな建物構造なので、コストも抑える事が出来ます。そのため家賃相場が最も安くなるのは、木造です。

ただし、防音性、防火性、耐震性については、他の種類の建築物と比較すると劣ります。
ですが、木造は通気性が高いというメリットはありますが、冷暖房に関して言えば、温まりやすく冷めやすいという特徴があります。
そのためライフスタイルによって、どの構造の建築物が住みやすいのかは、人それぞれ変わってきます。

一人暮らしで、仕事が忙しく家に帰って寝るだけで、家にいる時間が短いという人であれば、木造やS造で十分と感じるかもしれません。
ですが勤務がシフト制で夜勤があり、夜は働き、昼に寝るというライフスタイルの人もいますよね。
この場合は、防音がしっかりしている方が、眠りを妨げないと言えます。

また専業主婦や小さな子供がいる家庭で、家にいる時間が長いという場合は、多少家賃が高くなっても、冷暖房の効率がいいRC造、SRC造の方が電気代を抑えられるので、トータルコストではお得になるかもしれません。

物件選びの時に物件の構造まではチェックしない、せいぜい木造と鉄筋の違いは分かるという人が多いかもしれません。
ですが構造の種類やそれぞれの構造の特徴を知り、自分のライフスタイルを考慮して選ぶ事で、住みやすさがかなり良くなる可能性が高いと言えます。家とはプライベートな時間を最も長く過ごす場所でもあります。
だからこそ、住み心地を重視して物件を選ぶ事が必要だと言えるでしょう。