賃貸不動産を利用する理由は、人それぞれです。
そして学生や単身赴任など、期間限定で賃貸不動産を利用する場合には、家具・家電付きマンションを借りるという選択肢もあります。

では家具、家電付きマンションは、本当にお得なのでしょうか?
メリットとデメリットについてそれぞれ紹介していきます。

まず家具、家電付きマンションとは、言葉通り部屋に最初から生活に必要な家具や家電が一通り揃えられたマンションの事です。
一人暮らしをスタートさせる場合に、初期費用がいろいろとかかってしまいます。

今まで家族を暮らしていた人が一人暮らしを始めると、冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなど揃える必要があり、さらにお金がかかってしまい大変ですよね。
しかも単身赴任や学生の場合は、数年後に再び自宅に戻る可能性が高く、そうなると今度は一人暮らし用に購入した家電が邪魔になってしまいます。

そういう意味でも、次に引っ越しする時に簡単に引っ越しする事が出来るのも、家具、家電付きマンションのメリットだと言えます。

初期費用が抑えられる以外にも、家具や家電を買い揃える手間もかからず、急な引っ越しにも対応出来ます。
入居時から必要な家具と家電が揃っているので、初日から快適に一人暮らしをスタートする事が出来ます。

部屋のインテリアを選ぶセンスがない人や掃除をサボりがちな人にも、家具、家電付きマンションはオススメです。
それに家具や家電は、その部屋の間取りにピッタリ合うものを探すのは大変ですよね。
ですが家具、家電付きマンションであれば、部屋に合わせて購入されたものばかりです。

オーナーのセンスにもよりますが、シンプルで使い勝手がよく、間取りに合った家具、家電が揃えられている傾向があります。
そのためオシャレな部屋に住む事が出来ますし、また家具や家電も自分のモノではなく、あくまで借りているものです。
小まめに掃除をしてキレイに使用しようと思うので、部屋が汚れにくいというメリットもあるかもしれません。

では、家具、家電付きマンションには、どのようなデメリットがあるのでしょうか?
基本的に色んな人が使用する事を想定しているので、家具も家電もシンプルなものが選ばれています。家電は最新の機能性が充実したモノを使用したいと拘りがある人もいますよね。
また最新家電の方がより節電効果が高いので、電気料金の使用量という点でみれば、シンプル家電よりも最新家電の方がおすすめです。

また冷蔵庫や電子レンジなどは、他人が使用した中古を使用する事に抵抗がある人もいるでしょう。
他にも家具、家電の中には、自分は使用しないモノが含まれているかもしれません。
その場合に、使用しないモノで場所を取られるのは損した気持ちになります。
ですがかといって、大家さんに撤去してもらうと、保管料が発生するケースもあります。

あと1番ネックになるのが、家賃です。
基本的に家具や家電が付いているマンションは、その事がウリとなるため、家賃は割高な設定になっています。

そのため単身赴任で1年間と期限が決まっている場合は、家具や家電を買い揃えるよりも割高でも家具、家電付きのマンションの方がお得だと言えます。
ですが大学生活4年間となると、リーズナブルな家具や家電を自分で買い揃えた方が4年間のトータルコストはお得になるかもしれません。

メリットとデメリットをよく理解した上で、家具、家電付きのマンションを利用したいという場合、どうやって物件を探せばいいのでしょうか?
賃貸不動産の情報サイトの中には、家具、家電付きという条件設定が出来るようになっているサイトもあります。

なので、サイトで気になった物件を見つけたら、賃貸不動産で内覧を希望するといいでしょう。
あとせっかく家具、家電付きマンションを使用する場合は、引っ越しでも料金コストを徹底的に抑えましょう。普通の引っ越しプランではなく、単身者向けの専用ボックスを用いた引っ越しだと、かなりリーズナブルな料金設定となっています。